ムービー!ブレイク?
映画レビューを中心にエンタメ情報をお届けします。どらキュ~ラが、チュウチュ~!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブロークバック・マウンテン
あなたのブログも登録を!人気blogランキングへ

メインブログの「エンタメ!ブレイク?」から記事移行中です。ブロークバック・マウンテン→http://osapi.air-nifty.com/tokyo/2006/02/post_db7b.html


自然の摂理にかなった
「愛の法則」とは何なのだろう?
この作品に描かれている「愛の形」は、
あまりにも自然で力強く、ときに脆く、ときに活き活きとして


※アカデミー賞最多ノミネート記念レビュー(鑑賞:試写室@京橋)
舞台:アメリカ合衆国>ワイオミング州
3月4日、シネマライズにて先行ロードショー
3月18日、全国にてロードショー
配給:ワイズポリシー
公式サイト:http://www.wisepolicy.com/brokebackmountain/


1960年代のアメリカ
ロッキーの大自然、
カウボーイの仕事での出会い。
いつの日にか恋に落ち、
愛の喜びを知る二人の男。
しかし、許されぬ想いに葛藤し、
でも気持ちは押さえらず。
人並みに結婚し家庭を持ち、子供を育て、仕事に励み…
人生の時間が淡々と過ぎ行く中で、
「秘めた恋」とともに歩み続ける。
そして20年が過ぎた、その結末には…。
(以下レビューへ続く)

※公式サイト2月1日よりスタート!
brokeback_mountain

 今年のアカデミー賞ノミネート作品では、『クラッシュ』、『ミュンヘン』、『ブロークバック・マウンテン』を既に鑑賞した。本命がないと言われつつも、『クラッシュ』の衝撃は一生忘れることのできない映画体験となったし、『ミュンヘン』をスピルバーグが監督した意義というのも大きい。『グッドナイト&グッドラック』『カポーティ』は未見だが、ひとことで言うと今年のアカデミー賞ノミネート作品は「正統派監督による斬新な作品」が出揃ったと言えるのかもしれない。私は今年のアカデミー賞が好きだ。

 さて、『ブロークバック・マウンテン』である。

 スクリーンからあふれ出す、「純粋すぎる想い」に胸が張り裂けそうになった。監督アン・リーの驚くべき才能とは、「才能を感じさせない」ことだろう。

 あまりにも自然な成り行きで、ゲイではない二人の若い男が恋に落ち、やがて愛し合うようになる姿を描き出す『ブロ-クバック・マウンテン』は、あらゆる意味において画期的な作品である。

 アメリカの大自然の象徴とも言えるロッキー山脈を舞台にし、男らしさの象徴であるカウボーイが主人公である。それぞれに無骨で不器用な男たちだが、「芽生えた感情」は、どうしても抑えることが出来なかった。そこに幸せな絆を得た喜びと、社会的偏見を背負った悲しみが生まれるのだ。

 台湾出身のアジア人監督アン・リーは、高いハードルをいとも簡単に超えてしまった。これまでゲイを主題にした作品は、「ゲイに生まれついた人々(有名人やアーティスト、一般人まで)の葛藤」のようなものが多く、「ある日、男の子にときめいちゃった!」、悩んで、いじめられて、傷ついて…それでも!という展開のものが多かった。

 しかし、本作はゲイライフを描いた作品ではない。あまり肩に力をいれて観に行くと、淡々としていて肩透かしを食らう方も多いかもしれない。めくるめく展開はない。決して、未知の衝撃の類ではない。

 少しずつ打ち解けあい、日々の生活と仕事の中で信頼を築き、やがて恋愛感情を抱き、結ばれていく。この至極全うなプロセスが作品力によって「誰にでも起こりうる」レベルまでの表現へと到達しているからである。だからこそ、「普遍的な愛を描いた作品」と評されているのだろう。

 突然、雲間から陽が差すように、あるいは雨が降り出すように。緩やかに季節が移り変わり、山々が四季の豊かな彩りを見せるように。自然の営みが、実は「神秘そのもの」でありながらも「神秘」を感じさせない、ありふれたものであるように、この作品もすんなりと物語へ引き込んでいく。圧倒的なヴィジュアル、演出力、表現力で説得させていくのだ。

 感情を表に出すことが苦手な男イニス(ヒース・レジャー)が見せる想い、ジャック(ジェイク・ギレンホール)の輝くような眼差し、それぞれの歓喜と悲哀がスクリーンの中で輝いている。物語を支える女性たち、妻や恋人、母親、そして成長した娘の存在感も際立っている。みごとなキャスティングの上に、この作品では奥さんとのセックスライフや家庭生活をもバランスよく、またズレが生じていく様子をも描いているのである。
 
 さらに、アン・リー監督はその演出法として、胸を突き刺すような感情や事実を、短いカットで巧みにインサートする。それはまるで一筆で傑作へと変えられてしまう絵画のようなものである。天才技である。

 饒舌に過ぎず、感傷的に過ぎず、華美にありすぎず。それでいて美しい。力強い。

 ラストシーンのすばらしさはまさに筆舌に尽くしがたく、味わい深い。…時は巡るのだ。

 完璧である。残酷である。感服である。
■評価人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
はじめまして★
トラックバックありがとうございました。
まだまだブログ初心者なのですがこちらからも送らせていただきました。
よろしくお願いします♪
2006/02/21 (火) 08:09:43 | URL | mizuyuri #mQop/nM.[ 編集]
母子家庭を探すなら
母子家庭の検索サイト。手当て、助成金、住宅、支援、生活保護など母子家庭に関する各種情報をお届けしています。 http://acoustic.portocallrestaurant.com/
2008/11/26 (水) 04:45:04 | URL | ダッフ~ン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
もうすぐでやっと日本でも公開される映画 ブロークバック・マウンテン の前売り券を渋谷のシネマライズで買って来ました。限定数でポストカードが貰えると書いてあったのでどういうのかなって思ってたらこれがかなりデカイ…。普通のポストカードのサイズじゃないです{/face
2006/02/21(火) 08:06:39 | mizuyuri's Movie & TV Drama talk
copyright © 2005 ムービー!ブレイク? all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。