ムービー!ブレイク?
映画レビューを中心にエンタメ情報をお届けします。どらキュ~ラが、チュウチュ~!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロデューサーズ
映画系ブログを読もう!人気blogランキングへ

■物語
 1959年のニューヨーク。マックス・ビアリストック(ネイサン・レイン)は、かつてブロードウェイの王様と謳われた大物の演劇プロデューサー。だが、その栄光は消え去り、いまの彼は、老婦人たちから小切手をせびりとって暮らしている。新作ミュージカルの『ファニー・ボーイ』も、初日=楽日という体たらくだ("Opening Night")。

 そんなマックスのオフィスに、ある日、会計士のレオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)が、帳簿を調べにやって来る。彼がマックスの帳簿の中に発見したのは、<出資者から金を集める→ショウがコケる→出資者に配当を払わなくてすむ→プロデューサーが儲かる>という、ショウ・ビジネスの摩訶不思議なカラクリだった。それを聞いて、バーコード頭に電球がともるマックス。200万ドルの出資金を募り、失敗確実のショウを上演すれば、丸ごと200万ドルが手に入るじゃないか! 

 久々の儲け話にすっかり勢いづいたマックスは、その世紀のたくらみにレオを荷担させようと口説きまくる。が、安心毛布の切れ端が手放せない小心者のレオは、「ショウが成功すれば詐欺罪で刑務所行きです」と言い張り、シッポを巻いて逃げ出してしまう("We Can Do It")。

 しかし、職場の会計事務所に戻ったレオは、思い直す。朝から晩まで他人の金を数えて過ごす自分の人生こそが、刑務所暮らしと呼べるのではないか、と。かくしてマックスの元に舞い戻ったレオは、子供のころから憧れていた演劇プロデューサーになる夢をかなえるべく、マックスとコンビを組むことを承諾する("I Wanna Be a Producer")。

 さっそく史上最低のショウの準備にとりかかるふたり。第一歩は、史上最低の脚本を探すことだったが、まもなくとんでもないお宝がみつかった。ナチス信奉者のドイツ移民、フランツ・リーブキン(ウィル・フェレル)の書いた『春の日のヒトラー』が、それだ。マックスとレオは、契約を結ぶため、フランツが鳩たちと暮らす下町のアパートへ。フランツに取り入るべくヒトラー総統お気に入りの歌を合唱し、総統の魂に忠誠の誓いをたてるという、ユダヤ人にとっての屈辱的な試練に耐えたあと、ようやく契約書へのサインをモノにする("Der Guten Tag Hop-Clop")。

 次のステップは、史上最低の演出家と見込んだロジャー・デ・ブリー(ゲイリー・ビーチ)を口説き落とすことだった。「ショウは楽しくなきゃ」をモットーにするロジャーと、アシスタントのカルメン(ロジャー・バート)は、脚本がマジすぎる(!)と言って断るが、「トニー賞が取れるかも」というマックスの甘い囁きにのせられて陥落。さっそく演出プランを語り出したロジャーの口から、ハードゲイなドイツ兵のダンスのアイデアが飛び出すのを聞いたマックスは、「大失敗間違いなし!」と、ほくそ笑むのだった("Keep It Gay")。

 マックスとレオがオフィスへ戻ったところに、スウェーデン娘のウーラ(ユマ・サーマン)が現れた。カースティング(キャスティング)にやって来たという彼女は、ふたりの前でセクシーな歌とダンスを披露("When You Got It, Flaunt It")。思わず下半身がスタンディング・オベイションしてしまったマックスは、『春の日のヒトラー』に彼女を出演させると約束。さらに、秘書/受付係として、ウーラを雇う。
 いよいよ資金集めにとりかかる時がやって来た。一張羅の赤いスーツに身を固め、愛に飢えた老婦人たちを口説いて200万ドルをかき集めるマックス("Along Came Bialy")。いっぽう、オフィスでウーラとふたりきりになったレオは、思いがけず彼女といいムードになる。ウーラの胸に顔をうずめ、愛のデュエットを踊った彼に、もはや安心毛布の切れ端は必要なかった("That Face")。

 ヒトラー役のオーディションの日。マックスとレオは、史上最低の俳優をキャスティングしようと会場に乗り込んで行くが、なかなかピッタリの俳優がみつからない。そんなふたりのかたわらからステージに躍り出て行ったのが、脚本家のフランツだった。役者たちに手本を示そうとした彼のパフォーマンスを見たマックスは、ついに自分たちのヒトラーをみつけたと大喜びする("Haben Sie Geh?rt Das Deutsche Band?")。

 そして迎えた『春の日のヒトラー』の初日。劇場前に集合したロジャーたちが、ショウビズ初心者のレオに、「幸運を」と言う代わりに「脚を折れ」と言うギョーカイの常識を説明していると、楽屋入りしようとしていたフランツが階段から転落し、本当に脚を折ってしまう("You Never Say Good Luck on Opening Night")。

 このままではショウが中止になり、200万ドルのネコババ計画もパァになる。あせったマックスは、全部のセリフを覚えているロジャーに、フランツの代役をつとめてくれと懇願。ショウは、どうにか開幕にこぎ着けた。

 マックスとレオが予想したとおり、ナチスを礼賛するミュージカルの内容は、観客をアゼンとさせるのに十分だった。1曲目が終わらないうちに、怒り出して席を立つ客が続出。それを見て、マックスとレオは、自分たちの狙いが間違っていなかったと確信する。が、彼らの至福の時はそこまでだった。ヒトラーに扮したロジャーが舞台に登場し、腰を振りながら歌い出したとたん、客たちは、これがヒトラーをギャグにしたコメディだと勝手に解釈。ショウはバカウケし、マックスとレオは大ピンチに陥ってしまう("Springtime for Hitler")。

 ショウが大ヒット確実だとわかり、オフィスから二重帳簿を持ち出して自首しようとするレオ。そうはさせじと帳簿を奪い返すマックス。そこへ、ヒトラーが笑い者になったことに激怒したフランツが乱入。銃をふりまわして暴れだしたから、さあたいへん。騒ぎを聞いて駆けつけた警官に二重帳簿を見られてしまったマックスは、その場で御用に。いっぽう、ドアの陰に隠れて逮捕を免れたレオは、愛するウーラの提案に従って、金庫の200万ドルを持ち逃げする。

 しばらくして、留置所にいるマックスのもとに一通の絵葉書が届く。それは、ウーラと一緒にブラジルのリオでバカンスを満喫中のレオからのものだった(*"You'll Find Your Happiness in Rio")。相棒と信じた男の裏切りに、傷つくマックス("Betrayed")。
 そんな彼の嘆きを聞き届けたかのように、マックスの裁判の日に、レオとウーラが戻ってきた。法廷で、マックスがどれだけかけがえのない友人であるかを証言するレオ。結局、彼とマックスは、仲良くシンシン刑務所へ送られることになった("'Til Him")。

 とはいえ、転んでもタダでは起きないのが、ブロードウェイのプロデューサーだ。シンシンでフランツと合流したマックスとレオは、受刑者から出資金を募り、ミュージカル『愛の囚人』を創作。その行為が、「服役中の凶悪犯に歓びと笑いをもたらした」として、恩赦を受けて釈放されることになる("Prisoners of Love")。
 かくしてブロードウェイに舞い戻ったふたり。いまや名コンビとなったマックスとレオは、『愛の囚人』を皮切りにヒット作を連発。そんな彼らの頭上で、ブロードウェイの灯は、いつまでも輝き続けるのだった(*"There's Nothing Like a Show on Broadway")。

*は映画のオリジナル曲。


■解説
最低のミュージカルこそ、最高のチャンスなる!?

逆転の発想で、ツキを呼び込むプロデューサーの"最低"をプロデュースする!?それが彼らのお仕事。
一晩で大コケする史上最低なミュージカルを作り、その製作費200万ドルを持ち逃げしようと企む落ち目のプロデューサー・マックスと、小心者の会計士・レオ。ある日、マックスの帳簿を調べにやって来たレオが、<出資者から製作費を集める→1晩でショウがコケる→出資者に配当金を払わなくてすむ→プロデューサーが儲かる>という失敗作で大儲けする方法を大発見したことから彼ら利害は一致。マックスは大金を、レオはプロデューサーになる夢を実現するため「最低の脚本」「最低の演出家」「最低の出演者」を集めるが・・・。"最低"をプロデュースするため奮闘する彼らのお仕事ぶり、ショウビズ界の裏側もふんだんにちりばめ描かれる極上のエンタテインメント。

トニー賞12部門、史上最多受賞のブロードウェイ・ミュージカルが完全映画化。

あの『オペラ座の怪人』『シカゴ』ですら獲ることができなかったトニー賞12部門を、2001年に史上最多受賞したブロードウェイの最高峰に君臨する伝説のミュージカルがついに映画化。ブロードウェイで4年9カ月、ロンドンで1年2カ月のロングラン・ヒットを続けているミュージカルの真髄を、丸ごと味わせてくれる本作のオリジナルは、メル・ブルックスに、アカデミー脚本賞をもたらした1968年の傑作映画。これを、ブルックス自身の脚本と作詞・作曲でミュージカル化したブロードウェイの舞台は、2001年4月19日に開幕。たちまち半年先までチケットが完売するほどの評判を呼び、映画化の話が浮上。メル・ブルックスの熱い要望に応え、ブロードウェイの舞台版で、演出・振付を担当し、トニー賞に輝いたスーザン・ストローマンが初メガフォンをとり、舞台のライブ感をダイレクトにスクリーンに移行させ、大幅なスケールアップをはかったのが、今回の映画化作。製作、脚本、作詞・作曲は、もちろんメル・ブルックス。今回の映画化にあたって、彼は2曲の新曲を書き下ろしたが、そのうちの1曲"There's Nothing Like a Show on Broadway"は、ゴールデン・グローブ賞の主題歌部門にノミネートされた。
ブロードウェイとハリウッドの華やかな融合により誕生した奇跡のクオリティ。
トニー賞を受賞したブロードウェイの舞台に引き続き落ち目のプロデューサー・マックスを演じ、ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞にノミネートされたのは、ブロードウェイが誇るスーパースターのネイサン・レイン。彼のために書かれたショウ・ストッパー"Betrayed"の巧みな歌いっぷりと、ショウビズ人間のしたたかさと悲哀が同時に滲み出る演技は、「キング・オブ・ブロードウェイ」の異名をとる彼ならではのものだ。対する小心者の会計士・レオの役には、やはり舞台でレオを演じたマシュー・ブロデリックが扮し、独特の飄々とした個性を光らせる。『ステップフォード・ワイフ』などの映画スターとして知られる彼だが、実は演劇界でも「ミスター・ブロードウェイ」と呼ばれる人気者。20人のコーラス・ガールを従えた"I Wanna Be a Producer"のナンバーでは、その名に恥じない堂々とした歌とタップを披露する。脇を固める役者陣にも、最強の顔ぶれがそろった。ネイサン&マシューと同様、舞台と同じ役で出演し、息ぴったりのコンビぶりを見せるのは、ドレスの似合う演出家ロジャーに扮したゲイリー・ビーチと、アシスタントのカーメンに扮したロジャー・バート。さらに舞台オリジナルのキャストに加えて、『奥さまは魔女』のウィル・フェレルが、最低の脚本の作者フランツ役で登場。ドイツ訛りの2曲のナンバーを歌い踊る大熱演を見せ、ゴールデン・グローブ賞の助演男優部門に初ノミネートされた。もうひとり、この映画でミュージカル・スターの魅力を開花させたのが、女優志望のスウェーデン娘ウーラに扮したユマ・サーマンだ。発声の猛特訓を積んでミュージカル・シーンに挑んだという彼女は、オーディション・ナンバーの"When You Got It, Flaunt It"で、セクシーぶりを発揮。また、レオとウーラのロマンスの芽生えを物語る"That Face"のナンバーでは、マシューを相手に、アステア&ロジャースばりのうっとりするようなダンスを見せてくれる。まさにブロードウェイとハリウッドの華やかな融合が生んだ奇跡のクオリティの「芸」と「技」が贅沢に披露されている。

■レビュー
準備中 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
トライアル雇用と30代,40代の転職
トライアル雇用とは、ハローワークが紹介する特定の労働者を最大3カ月間試行的に雇用して、企業と労働者が相互に適性を判断、その後本採用するという制度のことをいう http://saccharine.sentesag.com/
2008/12/08 (月) 05:12:39 | URL | ダッフ~ン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ムービー!ブレイク? all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。